2019年3月期連結決算の最終損益が193億円の赤字になると発表したRIZAPグループですが、そんなニュースを吹っ飛ばすかのように、2019年5月23日(木)、疲れないカラダを手に入れるためのトレーニングハウツーを1冊に凝縮したRIZAP監修書籍『「疲れないカラダ」になる ライザップトレーニング』を発売します。

「疲れないカラダ」になる ライザップトレーニング

「疲れる=若くない!」
そんなカラダを、1日1トレ、3カ月で15歳若返らせるRIZAP監修のトレーニングブックとなtっていて、これまでRIZAPが培ってきた13万人を超える方々のボディメイク実績、多くの地方自治体との健康増進との取り組みで培ったノウハウ、また筑波大学研究成果活用企業であるTHFと共同で開発したオリジナルの「体力年齢」の測定方法など、RIZAPの健康への取り組みが凝縮されているのだそうです。

いまや「人生100年時代」と言われているとはいえ、元気に過ごせる時間、健康寿命の延伸が社会的な課題と言われており、その課題解決に向け、この本では3つのポイントが紹介されいます。

1つは体力年齢測定式で、まずは自身の体力年齢を把握し目標設定することが大切なのだそうで、本書にはRIZAPと、筑波大学研究成果活用企業であるTHFと共同で開発した体力年齢測定式が紹介されています。

2つ目はトレーニングノウハウで、1日1つ、3ヶ月続けることで体力年齢マイナス15歳を目指せるトレーニングメニューが紹介されており、3つ目は、くじけそうになった時のRIZAPトレーナーによる激励の名言が掲載されています。

筋トレって、始めるときは勢いでなんとかなるものなのですが、これを続けようとすることが難しいんですよね。

とはいえ、本書に沿ってトレーニングを行うことで、筋力がつき、カラダも軟らかく、軽快になり、 「疲れないカラダ」を手に入れることができるそうですから、今期のRIZAPグループの挽回が期待できそうですね。