カラダシェイプアップ

カラダから始まる美容の一歩。綺麗はカラダから。

お腹まわりをシェイプアップ

お腹の余分な脂肪、とても気になりますよね?

かといって、本格的なダイエットやジムに通うのもおっくう・・・。

そんなときには、椅子に座っている時に意識することによって、お腹を鍛える座り方があるのだそうです。

それもそんなに難しいことではなく、実践することによって姿勢も美しくなるのですから、やらない手はありませんよね。

座り姿勢

そもそも、座るという行為において姿勢の悪い座り方をしていたりしませんか?この曲がったり偏った姿勢は、体液循環が滞りやすいのだそうで、代謝を低下させるだけでなく、背中や腰への負担を増やすのだそうです。

また、その悪い姿勢を支えるための余計な筋肉を発達させてしまう恐れがあるのだそうで、まずは正しい姿勢を意識することが大切です。

そのためにも止めておいたほうが良いのが、背もたれによっかかったり、パソコンやデスクワークでの猫背を止めること。

かといって、猫背を意識するあまり、腰を反るのはNG。

まず、やるべきことは、背もたれに背中がつかない程度に深く座り、下腹を持ち上げつつ、背筋を 伸ばすこと。

正直なところ、これだけでシンドイですよね?

さらに、顎を引いてまっすぐ前を向き、胸を張ると綺麗な座り方となり、見た目も美しく、お腹回りをシェイプアップすることができます。

ずっとその姿勢を保つのはなかなか大変ですけど、意識下の中に入れておけば、気づいた時に実践すればいいので、試してみる価値はありますよ。

オイルでスキンケア

スキンケアといえばオイル!という女性もどんどん増えてきています。

普段のスキンケアにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、保湿力が上がり、さらにお肌がしっとりとなります。

オイルの種類を変えることによっても効き目が違いますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量のオイルを活用するといいでしょう。

oil

さらにオイルの質もとても大切で、購入する場合は新鮮なものを選ぶようにしましょう。

最近では、お肌のお手入れをオールインワン化粧品にしている人もかなりいるようで、その人気の秘密は、オールインワン化粧品は、時間をかけずにケアでき、日常的に使いやすいのだそうです。

昔とは違い、家に留まる主婦は少なくなっていますし、現在では働く女性が大半ですから、時間を短縮できるオールインワンは便利なのでしょうね。

しかも、様々な種類の商品に惑わされることもありませんし、何よりもお財布にも優しい。
だからといって、効果には個人差がありますので、記載されている成分表示の確認はしっかりしておいたほうがいいでしょう。

さて、さて、昨今ではお肌のお手入れにオリーブオイルを利用する人もいるようです。
オリーブオイルでメイクを落としたり、お肌の保湿のために塗ったり、溜まっている小鼻の皮脂の汚れをきれいにしたりと、色々なやり方で使われているようですよ。

しかし、オリーブオイルであればどんなものでもいいというわけではなくて、質の良いオリーブオイルを塗らなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。

ことオリーブオイルにおいては、天然のように見せかける不正表示で販売しているものもあるようですし、しっかりとした知識が必要になってきます。

コスメだけではなく日々の生活が大事

お肌のお手入れではアンチエイジング効果のある化粧品を使うことにより、老化現象であるシワ、シミ、たるみなどの進行をゆっくりにすることができます。
しかし、どんなにアンチエイジング化粧品を使っても、身体に悪い生活ばかりしていては、肌の老化のほうが優ってしまいますので、日々のケアを怠ってはいけません。

小さなことかもしれませんが、洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。
もしその順番が間違っているなら、せっかくの効果も半減してしまいますので、正しいつけ方を学んでおきましょう。

そうすることで、お肌の感覚が変わってきますよ。

まず、洗顔のあとは急いで化粧水で肌を潤しましょう。
美容液を使いたいという人は化粧水の後になります。

その後は乳液、クリームという順番で、肌にしっかり水分を与えてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。

お風呂に入ること

バストアップする方法として、お風呂に入ることを意識するといいでしょう。
というのも、お風呂の効果としては血液の流れがよくなるため、食事の栄養がバストにも届きやすくすることも可能となるからです。

入浴

さらにこの状態でマッサージを行えば、いつも以上に効果を感じることもできるでしょう。

とはいえ、忙しくてそんな時間ない!という時は、シャワーを使うことでバスト周辺の軽くマッサージするだけでも効果を狙うこともできますよ。

都会の一人暮らしともなれば、なかなかお風呂にお湯を貼ることもできないでしょうし、追い焚き機能がないお部屋も多いことでしょう。

さて、バストについて、もっともっと大きな胸になりたいけど、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性はいらしゃいませんか?

実はバストの大きさは、「遺伝以上に生活環境による影響が大きい」ようですよ。
もしプチ整形をしようとしているのであれば、その前に、まずは普段の生活を見直してみるべきかもしれません。

実は、なにげなく行っている生活習慣のせいで、胸が大きくならず、Aカップのままmなのかもしれませんよ。

女性ホルモンが大切

バストをアップさせるクリームには女性ホルモンを多く出させる成分が入っていますので、胸を大きくするという効果が期待できるます。
とはいえ、ただバストアップクリームを塗るだけではなく、しっかりと肌へ浸透しやすくなるように優しくすり込んだ方が効果がアップ!

よく勘違いされるのが、どんなものでも使えばすぐにバストアップにつながると思うこと。

バストアップの方法は様々存在していますが、いずれもちょっとずつ地道につづけることが大切で、何事も継続と持続なのです。

しかし、バストアップは女性の憧れですよね。
もし今すぐにでも豊かな胸になりたいというのであれば、プチ整形をするというやり方もあります。
もちろん金額は高くなるかもしれませんが、絶対に胸は大きくなります。

お金がかけられないのであれば、地道ではありますが、バストアップに有効といわれるツボを、刺激するのもいいと思いますよ。

具体的なツボとしては、だん中、天渓、乳根などがバストアップに効果的なツボでありますし、このようなツボの刺激により、血の巡りが良くなったり、女性ホルモンがよく分泌されるようになったり、乳腺を発達させるのに有効であると考えられています。

ギャラリー
  • 血糖値を下げるエクササイズ
  •  立ったままツボ押しストレッチ
  • パーソナルトレーニングを自宅で
  • 壁たて伏せから始めよう!
  • 老けないカラダをつくるファビュラスな食事法
  • 効果的な朝食の摂り方
  • お腹とお尻を引き締める
  • 立つだけエクササイズ
  • 夏に向けてシェイプアップ!
  • ライブドアブログ