カラダシェイプアップ

カラダから始まる美容の一歩。綺麗はカラダから。

夏に向けてシェイプアップ!

ランニングやジムでのBGM決定盤の登場!

BEST BEAT OUT

これから、夏がやってくるのに、お腹がぷよぷよ。
いまのうちから、シェイプアップしておかなければ、夏までには間に合いません。でも、ワークアウトはツライ・・・
そんな人のために、国内No.1フィメールDJ ACOが手掛けるワークアウト系メガミックス第二弾「BEST BEAT OUT -PARTY MEGA HITS II- mixed by DJ ACO」が2018年4月13日に国内配信サイトにてリリースされました!!

第一弾である「BEST BEAT OUT -PARTY MEGA HITS- 」はiTunes初登場でダンスチャート1位を獲得したようで、昨今のワークアウトブームでランニングやジムに通う人が急増しているなか、ダイエット企画にて 11ヶ月で16キロもの減量を成功させ、シェイプアップを目標にしている若年層から圧倒的に支持されるDJ ACOが手掛けるている大注目のノンストップ・ミックスなのだそうです!

収録曲は、定番のスーパーヒットソングから最新のダンスミュージックまで、踊れる曲・ワークアウトに合う曲を完全網羅しているそうですから、ワークアウトのつらさを音楽で乗り切るというのもなかなかいいとおもますよ。

トラックリスト
  1. Wolves (org. Selena Gomez, Marshmello)
  2. Havana (org. Camila Cabello ft. Young Thug)
  3. Look What You Made Me Do (org. Taylor Swift)
  4. READY 2 RUMBLE (org. NICKY ROMERO)
  5. Jump & Sweat (org. Garmiani ft. Sanjin)
  6. Great Spirit (org. Armin van Buuren vs Vini Vici feat. Hilight Tribe)
  7. One Chance? (Turntable Junkies Remix) (Party Animal)
  8. Here Tonight (D-Block & S-Te-Fan Remix) (Dash Berlin & Jay Cosmic feat. Collin McLoughlin)
  9. Break Up (Relect)
  10. We Will Rock You (org. Queen)
  11. We Like To Party (org. Showtek)
  12. Eye of the tiger (org. Survivor)
  13. Smoke On The Water (org. Deep Purple)
  14. Cake By The Ocean (org. DNCE)
  15. Side To Side (org. Ariana Grande ft.Nicki Minaj)
  16. Don’t Let Me Down (org. The Chainsmokers ft. Daya)
  17. One Last Time (org. Ariana Grande)
  18. Firestone (org. Kygo ft. Conrad Sewell)
  19. Mama (org. Jonas Blue ft. William Singe)
  20. The Nights (org. Avicii)
  21. How Gee (org. Black Machine)
  22. Can’t Stop The Feeling! (org. Justin Timberlake)
  23. Heatstroke (org. Calvin Harris ft. Young Thug, Pharrell Williams, Ariana Grande)
  24. Galway Girl (org. Ed Sheeran)
  25. I Feel It Coming (org. The Weeknd ft. Daft Punk)

最適な食事

トレーニングするにおいては、どうしても筋肉に負荷を加えることを重視しがちですが、実は食事もトレーニングの効果を高めるために重要な要素なんですよ。

食事

まず第一に、筋肉を作ったり、修復したりするのにタンパク質はトレーニングにおいてもっとも重要だと言えますが、そればかりを摂取しているのは大きな間違いで、カラダを大きくするためには、このタンパク質が効率よく筋肉になるためのビタミンやミネラルもしっかりと摂らなければなりません。

トレーニングを行うエネルギー源は糖質なのですが、ダイエット目的でトレーニングするにも関わらず、炭水化物や脂質を落としてしまうと、トレーニング自体の質が落ちてしまいますし、効果も期待できなくなるので注意しましょう。

ですので、トレーニングの質を高め効果的にするためにも、食事はとても大切な要素で、鱈田を動かすための炭水化物と脂質、使った筋肉を修復し強くしてくれるタンパク質、これら3つの栄養素を効率よく使うためのビタミン、ミネラルはバランスよく摂るようにしましょう。

バストアップ効果と意識

バストアップ効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。

ご存知のように豆乳が含んでいる大豆イソフラボンという成分は、女性ホルモンと同じように働くようで、これまでは不味くて飲みにくかったのですが、いまでは青臭くない豆乳が作られていますから、豆乳を多く摂ることを心がけるのもかなり効果的です。

バストアップ

とはいえ、豆乳ばかりたくさん飲みすぎるのはやめましょうね。
なにごともやりすぎが1番ダメなんです。

バストのボリュームアップには、腕を回すのがオススメ。

エクササイズによるバストアップ効果があるものは、どうしても面倒になることが多く、なかなか続けられないと思いますが、腕回しであれば、ふと気がついた時にもすぐできますし、何より「さぁ、やろう!」という心持ちが必要ありません。
いつでもどこでも気がついたときにできるんですから!

しかも腕を回すことで肩のコリもほぐれて血行促進にもなりますし、効果的なバストアップも期待できるんですよ!

バストを大きくするためには、日々の習慣が大きく左右します。
胸が小さい人は知らず知らずのうちに、胸が成長するのを妨げてしまうような生活習慣が体に染み付いていることが多いらしいですよ。

バストアップのエクセサイズを行っていたとしても、これでは問題ですよね。
ですので、バストアップには、生活習慣さえも改善する必要があります。

なにせ、どんなに胸を大きくさせるために努力してみても、毎日の行いが邪魔をし、せっかくのバストアップ効果を邪魔してしまうことにもなりかねません。

まずは生活習慣の改善のひとつとして、「姿勢」を見つめ直してみてください。
前傾姿勢の傾向にある人はどうしても胸が目立ちにくくなりますし、成長に大切な血のめぐりを抑制してしまうため、胸が育つ可能性を閉ざしているのですよ。

もっとも美しい姿勢づくりのためにはそれなりの体作りが必要となりますが、基礎となる筋力が備わっていないと、大切な胸を支えられませんし、そもそも全体的なプロポーションさえも崩しかねません。

といっても、姿勢はなかなか直せないもの。

ですので、常に意識を姿勢に向けて、日常を過ごすように心がけましょう。

さて、ツボの中にはバストアップをうながすツボがありますから、試してみるのもいいでしょう。
だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボがバストアップさせるツボとして広く知られていますし、これらのツボを刺激することによって、血の循環が良くなったり、女性ホルモンが多く出るようになったり、乳腺をよく発達させてくれます。

しかしながら、即効性を求めてはいけませんよ。
人間どうしても即効性を求めてしまい、ちょっとやったくらいでバストアップできなかったら、すぐに止めてしまったりする人が多いようです。

何事も時間はかかりますし、急に変化は表れてこないと自覚してください。

心地良い眠りを十分に取ったり、血行不良の解消も心掛けてくださいね。
近年では、胸が大きくならないのは、遺伝の関係というよりも生活習慣が類似していることが原因というのが広く認知されるようになってきています。

栄養の偏り、運動の不足、不規則な睡眠などが、バストアップを邪魔している可能性がありますから、規則正しく、少しでもいいので運動を意識した生活を行いましょう!

HMB
HMBサプリ
ギャラリー
  • 夏に向けてシェイプアップ!
  • 最適な食事
  • バストアップ効果と意識
  • スキンケアは大切なんです
  • お腹まわりをシェイプアップ
  • オイルでスキンケア
  • お風呂に入ること
  • スキンケアは大切
  • バストアップを考えてみる
  • ライブドアブログ